« August 2010 | Main | October 2010 »

September 2010

09/29/2010

バス泊、秋の尾瀬の1日散策

9月25日(土)夜23:10川越的場(関越自動車道路上のバス停)発、夜行バス(新宿駅始発)に乗り、翌日26日(日)尾瀬を散策してきた。
鳩待峠を朝5:22から歩き始め、最終目的地の大清水バス停到着は15:17になった。
今回の尾瀬散策では、途中の休憩、写真撮影などの時間を含むと、9時間55分を要した。
Oze_walking 私が携帯したGarminのGPS(etrex Vista HCx)によると、歩行距離は29.7kmだった。左の図に、歩行ルートを記載したが、他の地図と見比べないと詳細は分かりにくいかもしれない。長い一日だったし、長い距離を歩いたと思う。

夜行バスは通常の座席タイプで、前の座席の人がシートを倒すと、とても窮屈な状況になる。ただ、この日のバスは幸いにして、一人2座席以上使える状況の混み具合で、川越的場で乗車した際には、時間も遅く、客室内も明かりを絞った状況であった。川越的場から現地までの移動には、4時間ほどかけて行くことになるが、この移動時間と座席の状態では、休息がとれる程度で、とても眠れるものではなかった。途中、高速道路のサービスエリアと道の駅でトイレ休憩があった。
Dscf6839s バスは、尾瀬戸倉を通り過ぎて、先ず大清水に直行した。ここで降車希望の3人の乗客を午前3:30頃降ろし、その後、バスは尾瀬戸倉に戻って、午前4時頃になるまで待機し、残りの15人ほどの乗客を降ろした。
尾瀬戸倉では、鳩待峠行きの関越交通のマイクロバスが到着するまで、関越交通の事務所脇の待機所で30分ほど待つことになった。4時15分頃事務所のバスチケット売り場が開かれ、バスの乗車券を購入。暫くすると、鳩待峠行きのマイクロバスが到着した。
このバスには、周辺の駐車場まで乗用車で来た人たちも乗せたので、補助席を2座席使わなければならないほどの混雑状態になった。
鳩待峠へ向かう道路にはゲートがあって、その前に数台のタクシーや他のマイクロバスが並んでいた。丁度5時になって、ゲートが開き、私の乗ったバスも順番を待って、鳩待峠への狭い道路を登って行った。Dsc_5661s
前日調べた天気予報によれば、日本列島は高気圧に覆われ、晴天の筈だった。朝(日の出時間直前)の鳩待峠の天気は、上空が 曇って雨が降りそうな雰囲気で、肌寒かった。
Dsc_5664s 私はトイレを済ませ、朝食に持参したコンビニで購入した「おにぎり」を1つほおばった後、鳩待峠の売店の脇を通り、アヤメ平に向かって歩き出した。ここを登って行く人は、湿原にゆく人に比べると極めて少なかった。
この山道は、途中、岩の多い険しい登り勾配があり、傾斜がなだらかなところには、木道が設置されている。私の前を歩いていた女性登山者が木道の上で滑るなど、木道は濡れていて大変滑りやすい状況だった。
アヤメ平迄の付近までは、視界も開けることがなく、あまり面白味がない。アヤメ平に近づいてくる とDsc_5766s、次第に視界が広がってきたので、燧ケ岳、至仏山、尾瀬沼の眺望を期待したが、霧のため100mぐらいの視界がやっとの状態だった。しかも、上空には雲が未だ厚く有って、時々雨が降る状況だった。
アヤメ平から富士見峠までは、ゆるやかな下り坂になっている。見晴らしが悪いものだから、自然に早足になってしまう。木道の上は、濡れた木の葉で滑りやすい状態だった。私は木の葉の付いていない木道では、たとえ濡れていても、簡単には滑らないだろうと甘く見ていた。Dsc_5789s
事故は、歩き始めてから約2時間経過したこの場所で起きた。ビブラムソールの私の登山靴は、水が薄く被った緩い下り傾斜の木道の上で、いとも簡単に滑ってしまい、私は思わず右手を木道の上に衝いてしまった。そのとき、私の手首の関節辺りには、いつも滑って手を衝いた際の痛みとは違う強い激痛が走った。
私は一瞬「あっ!やってしまった」と思ったが、後の祭りである。痛くて、腫れ始めた手首のDsc_5802s 様子を見ながら少しずつ歩き始めたが、痛みは治まらず、掌にも力が入らない。でも指先は少し動かすことが出来るので、骨にひびが入ったかDsc_5806s も知れないが、骨折では無いなと思った。富士見峠でトイレを済ませ、少し休憩し、そこからの眺望を楽しんで写真を撮った。シャッターボタンを押すと手首の関節あたりが痛い。
気がつくと、カメラのレンズフードが無くなっていた。きっと私が転倒した場所に落としたのだろう。決して安くは無いものなので探して見つかるといいなぁと思い、私は滑りやすい木道を、滑って転んだ辺りまで戻りながら調べてみたが、見当たらなかった。自宅に戻ってGPS軌跡を調べると、転倒した場所付近と思った場所は、もっと鳩待側であった。
手は痛く腫れている。滑りやすい木道の上で、また滑ったら同じように右手を衝いてしまうだろう。そうしたら完璧に骨折になってしまうと思い、この先のルートを3つの案から考えた。
今来た道を下って鳩待峠に戻るか、竜宮十字路に降りて山ノ鼻経由で鳩待峠に戻るか、当初計画の通り進めるか、・・・ 下り坂の滑りやすい危ない木道を通るのは、どの案も同 じ危険性があると思った。竜宮十字路まで下ると、その時点で当初計画の40%以上進んだ事になる。とすれば、鳩待峠に戻るのも大清水まで行くのも大差が無い。帰宅するためには、鳩待峠に降りても最後、大清 水のバス停まで行く必要がある。それで当初計画通り歩く事にした。
この後、私が打撲で痛さの残る右手でカメラを取り扱っている間に、カメラの接眼ラバーもどこかで外れ、無くしてしまった。
富士見峠から長沢新道を通り、竜宮十字路へ降りる山道では、私はより慎重にならざるをDsc_5828s 得なかった。濡れた木道の下り坂では、私は特に歩幅を狭くして小刻みに歩き、濡れた石の上でも滑らないように慎重になった。また長沢新道Dsc_5831s はかなりの急傾斜で、大きな岩や石が多く、階段状の段差も大きい。そのため、歩行時間は、計画に対して大きく遅れてしまったと思う。
長沢新道では27名ほどのシニアの団体を含め、大勢の登山者が登ってくるのと遭遇した。
Dsc_5865s 長沢新道Dsc_5905sを降りて、湿地帯に到着すると、空は晴れていて燧ヶ岳、至仏山が美しく見えた。山の天気は変わりやすいから、もう少し余裕を持って、アヤメ平で1~2時間ゆっくり出来れば、期待していた眺望も見られただろう。
湿原に流れる風は、乾燥していて、空には、秋の空の鱗雲が浮かんでいた。Dsc_6085s
私は、このすばらし景色をカメラにDsc_5891s納めようと、右手の痛さに耐えながら何度もシャッターボタンを押したが、自由に動かない右手では、思うようなカメラの取り回しが出来なかった。


湿原の秋を満喫しながら、ヨッピ橋に向かってゆっくり歩いた。大勢のカメラマンが木道上から見えるDsc_5914s野草や山の風景を写真に納めていた。若者はベンチの上で横になり、尾瀬に降り注がれている太陽と、流れていく秋の風を体中で受けとめようとしていた。



Dsc_5973s  私は、湿布薬なら山小屋に用意されているかも知れないと思い、ヨッピDsc_5979s 橋の東にある東電小屋に立ち寄った。そこで、湿布薬を分けて貰って、腫れた手首に巻くと、痛みが少し和らぐような気がした。
下田代十字路を目指し歩いた。燧ヶ岳の山裾を遠く回り込むように木道が続いている。只見川にかかる東電尾瀬橋を渡る。川の水量は豊かで、流れを見ていると飽きない。木道は乾燥して来ており、歩きやすくなってきた。それで私は、大清水バス停から出発する1本前のバスに乗車出来ないだろうか、それが出来Dsc_6000sれば、医者に行けるかも知れないと思った。でもそれは、歩行スピードをかなり上げねばならDsc_6097s ず、疲れが出始めた身体には結構大変な修正計画だった。下田代十字路に着くと、弥四郎小屋と小屋の前の弥四郎清水で水遊びする子供の姿が見えた。
時刻は10時半を過ぎていたが、鳩待峠でおにぎりを一つ食べ歩き始めた後は、未だ何も口にしていなかった。弥四郎小屋の前の広場で少し休憩し、おにぎりを一つ食べ、持参の麦茶を飲んで水分を補給した。此処でトイレを済ませ、弥四郎小屋の左奥Dsc_6150sの木道へ進み、ブナの林の中を沼尻へと向かった。
道の傾斜は次第に大きくなっていったが、木道は乾いてきていて、転倒を心配することは無かった。ブナの木立が茂っているので展望は無いが、時折木漏れ日が差し込み快適に歩いてゆけた。
白砂峠の周辺では、道の傾斜は、また少し急になって、足下には滑りやすい大きな石がいくつも転がっているので、歩行にはかなり神経を使った。白砂田代を過ぎて樹林帯を抜けると、大きく展望が開けて沼尻湿原に入った。前方には尾瀬沼と沼尻休Dsc_6169s 憩所の小屋が見え、大勢のハイカーで賑わっていた。
時刻は12時20分頃で、団体で来ているハイカーは昼食をとりながら、尾瀬沼の景色を見て歓談していた。ゆっくり腰を下ろすスペースも無かったので、私は写真だけ撮って三平下に向かった。Dsc_6184s
沼尻休憩所と尾瀬沼を左手に見て歩いて行くと、小沼湿原があり、それを過ぎると、また木立のなかを歩くことになる。沼に沿った木道は、未だ濡れていて滑りやすいところがあり、用心深く歩いDsc_6238sた。道は小刻みなアップダウンがあり、滑りやすい大きな石の上などを歩かなければならず、既に7時間以上注意深く歩いて来た事で、疲れも次第に出てきた。
三平下に到着する頃には、モチベーションも下がDsc_6241sって来ていたので、尾瀬沼山荘が見えたときには、ほっとした。三平下からの沼の展望は、決して良くないが、この広場でも大勢の若者が食事をとって歓談していた。沼を少し見て、「暖かいものを食べて元気になりたい!」と思って、尾瀬沼山荘の売店に入り、山菜蕎麦を注文した。Dsc_6248s
右手で箸が使えない!箸を握り箸のようにして持ち、蕎麦の麺を丼の下から持ち上げて、口を近づけてすすって食べた。
温かい食事と一時の休憩でモチベーションも回復したため、最終目的地 の大清水へ向 かった。しかし、食事と休憩で長居をしてしまった。地図に書かれている行程時間表によれば、1本前のバスにはギリギリ間に合わない。既に約8時間歩いて来ており、歩行ペースを十分上げられるほどの体力は残って居なかった。
頑張って歩いてみたが、三平峠からの下り道も疲れた身体には結構負担に感じた。
結局、1本前のバスの発車時刻を7分過ぎた15時17分に大清水バス停に到着した。

Dsc_6276s 売店で「湿布薬を分けて貰いたい」と話したら、親切にもお金もとらず、東電小屋で貼った湿布薬を新しいものに交換してくれ、湿布薬を2枚使って患部を覆うようにしてくれた。本当にありがたかった。
帰りのバスは、高速道路内の事故渋滞と自然渋滞に巻き込まれ、目的地の川越的場到着は約1時間35分遅れて到着した。

自分の歩行Dsc_6281sミスで痛い怪我をしたが、天候に恵まれて楽しめた部分も大いにあった。右手の痛みをおして撮影した写真は、660枚だった。怪我さえ無かったらもっと多くの写真を撮っていただろうと思う。
月曜日からの通院で、手首の方は日々良くなってきているが、撮った写真の質は今ひとつ・・・これは怪我のせいとしておこう。

歩行ルート
鳩待峠(5:22)→横田代→中原山山頂(6:49)→アヤメ平(7:00)→富士見田代(7:16)→富士見峠(7:23)→富士見田代→(長沢新道  長沢の頭 8:24)→竜宮十字路(9:24)→ヨッピ橋(9:47)→東電小屋(10:02)→赤田代分岐(10:24)→下田代十字路(10:37)→見晴新道分岐→白砂峠→白砂田代→沼尻(12:21)→大清水平分岐(12:56)→三平下(13:18)→三平峠→三平見晴→一ノ瀬休憩所(14:33)→(沼田街道)→大清水バス停(15:17) ⇒ 新宿行きバス 16:10発

地図
尾瀬をあるく(大人の遠足Book) JTBパブリッシング \1400
Japan Digital Road Map Navigator and Topo 10m
  for Garmin GPS V3
Map: Japan RoadNavi 25000 v2 by UUD製作所

( GPS: etrex Vista HCx ; Garmin )

夜行バス・チケットの購入
私の場合、夜行バスのチケットの購入は、JTBのサイトから、「高速・路線バス」のタブを選び、空席照会・予約の中にある、条件から空席照会・予約に入って、下記項目を入力。
1.出発日:
2.利用区間: 出発地は関東、 目的地も関東(尾瀬は関東に入る)
3.往復片道のボタンを選択
上記、1~3を入力して、検索ボタンをクリックする。
次の画面で、運行されていれば、路線の中に「新宿⇒尾瀬」というのが見つかる筈。
私は、これを選び、クリック
次の画面でバス便名と空席状況が表示される。これをクリックする。乗降の場所選択は次の画面に表示される。
乗降バス停、降車バス停を選択する。
往復を選んだ場合には、翌日の帰路のバスを選択する画面が表示されるので、希望する内容を選択して入力する。
私は、尾瀬の日曜日の天気予報を確認しながら、木曜日の夜にバスの予約を入れた。
バスは土曜日の夜出発する事になる。切符料金の支払いは、金曜日の午後5時迄に入金しなければならなかったので、金曜日の早朝にコンビニから入金し、その場でチケットを入手できた。

夜行バスの片道料金は、新宿から大清水(尾瀬戸倉)まで 大人1名 3700円、川越的場から大清水(尾瀬戸倉)まで 大人1名 3400円である。このバスを使って、鳩待峠に行く場合には、尾瀬戸倉で下車して、そこから鳩待峠行きのバスに乗り換える バス料金は 大人1人 900円であった。

帰りのバスが、土曜日または休日にあたると、高速道路の大渋滞にはまってしまう。土日の帰りは、JR沼田駅へ出るのが賢明と思われる。

Mont-bellにはリバーシブル・グリッパーという凍結した雪道と濡れた木道で使用できる、簡易な靴底に付ける滑り止めがあることがわかった。
http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1129608

09/25/2010

モニターに黒枠

今朝、PCを立ち上げると、LGのモニターW2442(1920x1080)に黒枠があって、全画面表示されていない。以前にもそのような事があって対処した事があったが、手順を忘れてしまったので調べて対処した。しかし対処法を調べるのに時間がかかったので、ここに記載しておく。

対処の手順:2011/9/8 update
先ず、AMDの最新のドライバーをインターネット上からダウンロードすること。
ダウンロードして、インストールしただけでは、不具合が解消しないケースもある。
そのため、インストール後、黒い帯がまだ存在する場合には、下記の作業を行うこと。

1)モニター画面上でマウスを右クリックして、表示された窓の一番上にある「AMD VISION Engine Control Center」を、マウスで左クリックする。
2)次に、My Digital Flat-Panels をクリック
3)Scaling Options をクリック
4)Scaling Option の窓の中にある Underscan---Overscan のスライドバーを右に動かせば、表示画面が拡大する。
5)これで調整作業は終わり。

09/19/2010

Trek:越生駅→鼻曲り山→一本杉峠→顔振峠→鎌北湖→武州長瀬駅

今日(9月19日)、顔振峠で昼食に手打ち蕎麦を食べようと思い立ち、顔振峠を目指して武蔵おごせ地区を歩いた。
天気は良く、直射日光が当たると、かなり暑く感じたが、日陰のある尾根道を吹く風は涼しくて気持ちが良かった。越生駅の標高は約100m、途中の鼻曲り山は標高473m、顔振峠は530mなので、標高差は最大約430m、急な登りは2~3カ所あるが、その距離も短い。ただし、越生駅から顔振峠までの歩行距離は約11kmあり、所用時間は3時間30分ほどかかった。帰りの歩行も考えると、それなりの持久力が必要になる。

Dscf6713s ←鼻曲り山の周辺は、写真のように急な山道が数カ所ある。傾斜が急なため、補助ロープが張られている。
Dscf6715s 右の写真は、鼻曲り山の山頂。周囲は木立に囲まれており、全く見晴らしが無い。




Dscf6721s ←一本杉峠
写真の杉の右手から歩いてきて、一本杉を通り過ぎたところで振り返って撮影。




Dscf6745s 顔振峠からは、西武池袋線の吾野駅に降りるという手もある。疲れている場合には、この方が距離も短く便利。でも、今日は、鎌北湖を経由して東武越生線の東毛呂駅か武州長瀬駅に戻るルートにした。諏訪神社を通って、一本杉峠Dscf6751s の手前の林道との交差点から車道を歩いて北鎌湖近くまで歩く。この車道が約3km(約35分)と結構距離があった。後で地図を見ると、その途中から鎌北湖に繋がる山道があったが、道路表示が見つけられなかった。

Dscf6777s 鎌北湖と表示がある車道からまた山道に入り、約2.5km(約35分)歩いて鎌北湖に到着。鎌北湖の北側の道路に沿って歩き、川沿いの遊歩道を歩いて、農産物直売所の前を通って、武州長瀬駅まPhotoで歩いた。
途中で持参したGPSの電池が切れたので、そこからはMapSourceを 使って全ルートの歩行距離を調べると、歩行距離は約24km、所用時間は、昼食などの休憩時間(約20分)を入れて、6時間45分だった。

使用した地図
東武東上線で行く 外秩父ハイキング 4
Japan DRM Navi and Topo 10m v3.0
Map: Garmin GPS(eTrex 30) + Japan RoadNavi 25000 v2 by UUD製作所

Dscf6734s Dscf6742s 顔振峠の茶店で手打ち蕎麦の大盛り(¥850)を注文した。以前此処に来た時に食した印象から、同じ味を食べたいと思い、注文した手打ち蕎麦だDscf6735sったが、麺の太さ・幅も不均一で、つゆの味もうま味に欠け、以前に比べると随分味が変わった印象があって、期待はず れだった。茶店からの景色は、少し霞がかかっていたが、近隣の山々を綺麗に望むことができた。

靴について
今回、ウォーキングが中心になると思って、足首が包まれるいつものハイカット登山靴ではなくて、くるぶしがオープンになっているローカットの靴を履いて歩いた。靴下も少し薄めにしていた。ローカットの靴は軽いが、山道を歩いていると、小石が多い道では、足が靴の中で左右に動きやすく、足場の安定が求められる急斜面の道でも、ハイカット靴に比べてくるぶしへの負担が多いように思う。その為に、ローカット靴では、捻挫もしやすいように感じた。トレッキングの終盤では、いつもと違う、指先の方にも負担が増えていた。路面が安定しない長距離の山道では、ハイカットの登山靴の方が歩きやすく、疲れも少ないと思った。靴下は、いつも使っていた靴底に当たる部分が幾分厚くなっている登山用のものが疲れにくく、インソール(靴の中敷き)による歩行ショックの低減もかなりあることを再認識した。

09/12/2010

Trek : Ubukawa -> Mt.Bukou -> Mt.Komochi -> Mt.Omochi -> Ubukawa Car Parking #2

昨日(9/11)、生川駐車場に車を停めて、→武甲山→子持山→大持山→妻坂峠→生川駐車場のルートを歩いてきた。このコースは、今年6月に一度歩いており、今回は2回目である。生川駐車場に到着したのは、午前9時半過ぎだったので、外気温もかなり上昇していた。しかし、先週までの暑さに比べれば幾分湿度が低めに感じた。
上着は薄めの半袖T-シャツに着替えて、登山靴に履き替えて、9時45分頃駐車場をスタートした。
このコースは、途中、小刻みなアップダウンと、短い岩場が3ヶ所ほどと、大持山からの長くて急な下り坂がある。
スタートして暫くの間、何時も感じるのは、自分が山を登ろうとする意識と、その日の体調と、歩くペースが合うまでの身体の辛さである。最初のペースは、気持ちを抑えて水分を多めに補給しながら歩くと、何時もより随分楽になった。でも今回は、前回の自分のコースタイム4時間21分(6月10日)を更新したいという気持ちもある。しかし既に、スタート時間は約30分遅れているし、気温の条件も厳しい。コースの気温も記録できると良いんだけど・・・前回に比べて発汗量は相当多い。ポリエステル100%のスポーツシャツを着ていたが、Tシャツに吸われた汗が乾かずに身体にまとわりついて気持ちが悪い。シャツの生地は少し厚みがあってザックリした感じのものが良いのかもしれない。

歩いたコースのタイムスケジュールを振り返ってみると、
生川駐車場  9:45 スタート
不動滝    10:12 今回   27分(前回28分)
武甲山山頂 11:23 今回1時間28分(前回1時間30分)- 2
子持山山頂 12:27 今回2時間42分(前回2時間32分)+10
大持山山頂 13:13 今回3時間28分(前回3時間11分)+17
妻坂峠    13:55 今回4時間10分(前回3時間48分)+22
生川駐車場 14:27 今回4時間42分(前回4時間21分)+21

比べてみると、全体で21分余計に時間がかかった。残念な結果となったが、前回に比べると随分体力の消耗が激しい。
振り返って考えてみると、前回は、武甲山山頂でシャツを脱いで汗水を絞ることは無かった。今回はそれだけ発汗量が多い。
武甲山を下ってから子持山を登るとき、結構しんどかった。登り坂の途中で、汗の水分で身体にまとわりつくTシャツを脱いで汗を絞り、少し休憩をとった。此処が時間を大幅に超過した原因かもしれない。
子持山から大持山も一度下り坂が入るので、次の登り坂では、気力も減退し、身体がバテる原因になっていそう。
大持山から妻坂峠の下りに入ると、ようやく涼しい風が時折感じられた。ここは歩行距離で約2.2kmあるが、傾斜がかなり急なことと、体力を消耗しているためか、かなり長く感じた。
水は、ポカリと麦茶を合わせて1.5リットル持って行ったが、もう少し準備していけば良かったと思った。

登山ルートと歩行ルートの断面プロフィール
Photo Ubukawabukoukomochioomochi


歩行断面図はGPSによるものだが、歩き始めてから2kmほどの区間の標高が自分の感覚と合わないような気がする。

写真
Dscf6588s 入山して直ぐ、
乗用車進入禁止となっているところを越えたところで、乗用車が転落していた。単独事故で警察へは届け出済みと張り紙があった。

Dscf6589s 武甲山登山道のはじまり

Dscf6596s Dscf6601s 不動滝
武甲山から降りてきた登山者がリフレッシュ出来るポイントになっている

Dscf6603s 不動滝の直ぐ側にある木の橋、
造りが粗っぽく、滑りやすいので注意して渡る

Dscf6605s 武甲山御嶽神社参道の石碑
ここから山道は急峻になっていく

Dscf6609s 神社の前の鳥居をくぐり、神社の左奥に進み、短い岩場を越えると、秩父市内が一望できる展望台がある。

Dscf6613s 展望台かDscf6611sらの眺め。
秩父の街並みがきれいに見える。
私が頂上に着くと、6人の登山者が休憩していた。4人ほどの登山者が上着を脱いでTシャツや手ぬぐいを乾かしていた。


Dscf6616s Dscf6617s_2 ベンチの奥に見える子持山に向かう。ここから、急な下り坂になるが、道は開けているので、子持山を見ながら快適に降りていく事ができる。

Dscf6637s 6月に同じ場所を撮影しているが、今は夏草が生い茂って、雰囲気は随分違っている。
Dsc_4410s

(6/10の写真)

Dscf6643s 子持山へ登る登山道から振り返って見る武甲山。

西側の山肌は削られて居ないので、山の雄姿を見ることができる。




Dscf6648s Dscf6650s 山道には秋の花が咲いている。右は、子持山の山頂の日陰で昼食をとる登山者たち。





Dscf6657s 子持山から大持山の間は、写真のように急な下りと狭い尾根道がある。






Dscf6661s 写真は、子持山と大持山の中間地点、西側の天目山や熊倉山の方向を望める絶好の場所。
N35.93186 E139.09871




Dscf6663s Dscf6667s 左)大持山までの山道、道幅は狭い。もっと厳しい岩場もある
右)大持山山頂




Dscf6675s 鳥首峠と妻坂峠への分岐点
名郷から登ってきた登山者が食事をしていた





Dscf6677s 分岐点から妻坂峠までの山道は、ほぼ全般的に写真のような地形で、幅が広く急峻な下りが続く。しかし妻坂峠に近づくにつれて、この山道の中央部に出来た凹みは、狭いが深くV字型にえぐられた地形に変わって行くので、トラバースしながら降りることが難しくなる。



使用した地図
Japan RoadNavi 25000 and Topo v2 by UUD製作所
登山計画し、GarminのGPS(eTrex Vista HCx 英語版)へ地図とルート計画を格納するところまでは使ったが、実際の歩行に関しては、既に一度同じルートを歩いて居ることと、標識がはっきりしていたので地図を見ることは無かった。
生川駐車場の緯度・経度  N35.94185 E139.11575

09/06/2010

Trek : Hadano Station -> Yabitsu Pass -> Destination (Mt.Tonodake), but...

My calf of a leg is slightly painful even today.
I have walked in the mountain after a long time yesterday(4th September). The place which I aimed at is Mt.Tonodake in Kanagawa Prefecture. I went to Hadano Station using Odakyu Lines, and took a bus from there to Yabitsu Pass near the starting point for a climb.
Dscf6479s The bus station at Hadano Station is No.4. You should not miss the bus at 8:55 because it is the only bus available in a morning. The bus was very crowded by hikers. Although the inside of the bus had been carrying out air conditioning, I was sweating still gradually. The outer weather was very good, but temperature was very high under direct Dscf6485s sun rays. I felt few wind. I could be seated on the bus, and it arrived in Yabitsu Pass in about about 40 minutes. An SUICA card can be used for a payment of the bus charge. When I arrived at Yabitsu Pass, I couldn't find a guidance to Mt.Tonodake. I have walked for a while in a direction to Oyama Mountain by mistake, after getting off the bus. As GPS showed, I changed the direction and began to walk along it. I walked along a paved road about 20 minutes, comparing GPS and a map repeatedly.
Photo Since Fujimi Mountain Villa was found, I was able to do the route check at last.
However, since the people who must have been on the same bus did not see on the mountain path, I became somewhat uneasy. The starting point for a climb to Mt.Tonodake seemed slightly lonely to me then. When I walked up for a while, I felt unusual high beating of my heart. In addition, I got a feeling of a nausea. A lot of sweat had been coming out. I drank a lot of water, and walked slowly. But, I needed more rests at that situation. In the ascent to Ninoto, in the direction of Oyama Mountain or Tsurumaki-onsen, I could get fine scenery.
Although I reached to Sannoto at last, since my fatigue was severe, I thought that I would interrupt mountain climbing here. However, when I have rested for a while, I found a person gets tired like me and were falling and resting on a lawn. I looked at the map very often, so as to clarify a next action schedule. Dscf6531s At my present physical strength level, I can be reached to a Karasuo Mountain, I guessed. Karasuo Mountain has a route down to Okura Bus Station, too. When you walk toward Karasuo Mountain from Sannoto, although it is short, there is a good ridgeway of a scene. But, after the ridgeway, you have to pass down steep rocks about 150m using a chain and a rope, and next you have to climb 100m up to Karasuo Mountain. The scene from Karasuo Mountain was very good, and since I felt a wind at the summit, my feeling somewhat became good.
I took lunch and enjoyed the wonderful scene from the summit of Karasuo Mountain for a while. Although my condition became good, if I will go to Mt.Tonodake, I still have to walk up two hours. Moreover, from Mt.Tonodake to Okura Bus Stop, I need about 2.5 hours walk.
It had passed over much time from my schedule at the beginning. Since I thought I would like to arrive at Okura Bus Stop by 4:00 p.m., I decided to consult with my present physical strength and to carry out walk down from Karasuo Mountain.
Dscf6545s Although the way from Karasuo Mountain was good at first, it was a long distance down walk. The down slope was getting steep and slippy, and had many small rocks on the path.
It was a very serious path for me. After I finished the mountain path, there was a parking lot. It took one hour from the summit of Karasuo Mountain to here. About over ten cars had been parking on the parking lot. I walked across the parking lot and I walked along a road leading to Okura Bus Stop. It was written as about one hour walk to Okura Bus Stop.
Photo_2 Dscf6564s When I walked about 30 minutes, I found a spring water "Spring of Ryujin". Water was flowing over the rocks of the mountain surface. I found two water tubes. I took a shower to my head by cooled water. Moreover, I wiped and refreshed my head and an arm with the towel soaked in cold water.
When I walked about 25 minutes, a big suspension bridge over a river was seen.Dscf6572s
When I confirmed the bus stop by a map, Okura Bus Stop was located on the other side of the river. The cheer of the children who play in a river has reached even the surrounding mountain. When I had gone across the suspension bridge, I could see the bus stop. The bus to Shibusawa Station arrived at a good timing. Since I took the bus immediately, I took up position in the back seat, and I exchanged to a dry T-shirt, it made me a refresh feeling. The bus access from Okura Bus Stop to Shibusawa Station was operating by about 10 minutes intervals. After few minutes later, the bus began to run toward Shibusawa Station of Odakyu Line.

Profile_of_4th_sept_trek Left picture is the profile of my mountain path trek of 4th September.








Key Notes    
Location             Tanzawa Area, South western part of Tokyo
Destination         Karasuo Mountain (烏尾山 h=1136m)
           Sannoto (三ノ塔 h=1204.8m)
Date walked        September 4 (Sat.), 2010 (Fine weather)
Map                   Garmin GPS + Japan RoadNavi 25000 v2 by UUD Co.,Ltd.
                         Higaeri Hike Kanto (日帰りハイク 関東)
Walk type            Mountain walk
                         Up: 454m (4.9km) 2hours 43min.
                         Down: 840m (6.9km) 2hours 6min.
Difficulty             Tough
Distance             about 11.8km

Time taken          about 5.5hours ( includes a break )

Railway stations   Hadano Station of Odakyu Line

Key Word
: South western part of Tokyo, Tanzawa, Mt.Karasuo, hiking, walking, day walks, Yabitsu Pass, ハイキング, ウォーキング, 日帰り, 小田急線, 秦野駅, 烏尾山, ヤビツ峠

PS. I walked up Mt.Tonodake at December 18th, 2010. Please look at the Blog.

« August 2010 | Main | October 2010 »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ